【ハイエース】トヨタ純正クルーズコントロールレバーの取り付け方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページではハイエースにトヨタ純正クルーズコントロールレバーを使ってクルーズコントロール機能を追加する方法を解説します。必要な部品の情報はページの下に記載してあります。

 

まずはハンドルコラムカバーを留めているT25ビス2本を外します。

エンジンを切ってから20分程待ってバッテリーのマイナス端子を外します。

エアバッグを外すためにカバー奥のT30ボルトを緩めます。(外れない構造)

エアバッグのコネクタは黄色いツメを上に上げると引き抜けます。

レバーとハーネスを取り付けます。ステアリングスイッチが付いていない場合はスパイラルケーブルの交換が必要になるようです。

復元してレバーカバーを着けて完成です。

次にハンドルコラム内の配線です。コラムカバーの下半分を外します。

黒いコネクターに配線を割り込ませます。

精密ドライバー等で白いツメをカチっと言うまで上に上げます。約1ミリです。

画像の左下が3DA-Tと接続する+です。(右横は-)

その他配線の接続情報は3DA-Tの説明書に記載されています。

【200系ハイエース】クルーズコントロール取り付けに必要な部品一覧

 

BR-2の青線が常時電源、黄線がブレーキ信号です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。